きちんとした対策でチャージバックを回避|安心して利用できる方法術

メンズ

電話の代行活用の利点とは

電話をかける人

オフィスの家賃および人件費は、会社における経費に関して、とりわけ負担になります。 電話代行は、受付 の事務員を雇用するよりも圧倒的に費用が低く、的確なお客様への対応により会社経営のお手伝いが可能と言えます。

詳細を読む

身元を隠して調査する利点

調査員の女性

覆面調査は、調査員を隠してショッピング、食事を行なって店舗の中身を確認し、報告を行なう職種になります。 報告を貰った店舗はその評価をベースに一層よい企業作りをしていくため、利点が有ります。

詳細を読む

営業先を管理するツール

オフィス

営業担当者にとって自分の営業先の案件管理は重要な問題です。案件管理には、顧客の一覧リスト、進捗度合い、連絡先などが含まれる特徴があります。最近の案件管理ツールには、便利な機能がありそれらを工夫して利用することで営業効率を上げることができます。また現在は専門も業者も存在しています。

詳細を読む

売上が消えることが

女性オペレーター

狙われないためには

決済方法の種類は多いほうが、お客様に喜ばれまた売上増加にもつながります。しかし、そこにリスクが存在しないわけではなく、チャージバックという大きなリスクが存在しています。チャージバックに多いケースでは、第三者による不正利用によりお客様から支払いを拒絶され、商品やサービスを提供したにも関わらず入金されないことです。小さいショップにとっては大きな痛手となりやすい、リスクの1つがこのチャージバックです。そこで、不正利用する人間に狙われない対策をとることが重要となってきます。決済の情報を入力するときのセキュリティを高めておくことがお客様やショップ側にとっても大切です。具体的には、セキュリティコードや3Dセキュアの入力を求めるなどの工夫により、チャージバックのリスクを下げることを心がけましょう。

予防する為には

3Dセキュアやセキュリティコードの入力を求めても、完全に不正利用を防止できるわけでは無い点に注意が必要です。やはり、人としての感覚や商売の経験などに照らし合わせて注文を疑うことも大切です。商品やサービスを提供する前に、注文内容や記載に不自然さを感じる点は無いかなどを確認してみましょう。日本人の注文なのになぜか、注文者の名前がローマ字などになっているや決済の入力を何回も失敗しているなどの不自然と感じる注文には注意をはらいましょう。場合によっては、警察に問い合わせることを視野に入れておきましょう。また、高額な商品ばかりをいくつも注文しているのも、普通ではないことが多いです。様々な観点から注文書を見ることも、予防する為には必要です。