きちんとした対策でチャージバックを回避|安心して利用できる方法術

女性

営業先を管理するツール

オフィス

営業先の一覧表

営業を担当する社員にとって、営業先の案件管理は重要な問題です。企業や社員によって、案件管理の方法はそれぞれ異なりますが、主に以下の特徴を備えています。まず自分が担当している顧客の一覧があることです。営業先が数件ほどの少ない数であれば一覧表は必要ないのですが、数十件あるいは百件以上になると確実に一覧表が必要となります。そして、それぞれの営業先について、進ちょく度合いを記入する欄があることです。初めての訪問だったのか、ほかの顧客からの紹介でつながりができた顧客なのか、もうすぐ契約間近などの情報です。営業先は企業であることが多いため、担当者が変更になることもあります。そのため案件管理の表に、担当者名および連絡先なども入力しておきます。

便利な管理ツール

営業先の案件管理は、紙や表計算ソフトなどを使っても可能ですが、現在では使い勝手の良い便利な管理ツールがあります。この案件管理ツールを工夫して利用することで、営業活動が効率的になります。その一つが、リマインド機能です。例えば、自分が100件近い営業先を抱えている場合、そのうちの30件は、1か月に一度訪問し、別の20件は20日ごとに訪問することが望ましい状況だとします。もしこれを紙や表計算ソフトで管理していると、次回の訪問がいつになるのかを管理することが非常に複雑になります。しかし、営業管理ツールで次回の訪問が近づいてきたらその数日前に、自動的にメールでお知らせをしてくれる機能があれば、管理が楽になるだけではなく忘れる可能性も低く抑えられます。こういったシステムは、専門の業者を介して利用することも可能です。導入したあとに操作に関しての説明を受けることも可能なので、負担なく開始することが可能です。